育児関連

育児関連育児関連
育児関連

【男の育児】そして父になる。~7~【体験談】

妊娠週数も21週を迎え、妻はどこからどう見ても妊婦さんになっていた。お腹が大きいだけでなく胎動も「こんなに動くのか!」と思うほどで、日に日に成長する赤ちゃんに話しかける毎日だ。
育児関連

【男の育児】そして父になる。~6~【体験談】

冷蔵庫問題もなんとか解決して、お腹の中の赤ちゃんも順調に成長していたのだが、前回の健診で妻が低置胎盤の可能性を伝えられたことによって、この1ヶ月は“帝王切開”というワードが事あるごとに脳裏をかすめる日々を過ごしていた。
育児関連

【男の育児】そして父になる。~5~【体験談】

妊娠中期に突入する妊娠14週(諸説あり)を迎え、健診も今回で4回目。しかし今回の健診では、血液検査の結果や胎児の首のむくみなどを見ると言われていたので、妻も私も緊張しながら健診の日を迎えることになった。
育児関連

【男の育児】そして父になる。~4~【体験談】

妻の誕生日という一大イベントが終わった頃。妊娠週数は11週にさしかかっており、母子手帳の入手と産院の予約を済ませた妻は満を持して3回目の健診へと向かった。
2022.07.17
育児関連

【男の育児】そして父になる。~3~【体験談】

妊娠週数が8週の終わりを迎え、2度目の健診の日がきた。妊娠12週頃までの妊娠初期は特に流産のリスクが高く、その原因のほとんどは胎児異常によるものだという。
2022.07.17
育児関連

【男の育児】そして父になる。~2~【体験談】

妊娠の報告を受けてから10日。今後の自らの自由に対する懸念になんとか折り合いをつけ、心新たに前へ進もうと決心をしたのも束の間、流産の多くが妊娠初期に起こっていることを知り、またしても私の頭の中は不安でいっぱいになったのだった。
2022.07.17
育児関連

【男の育児】そして父になる。~1~【体験談】

この記事では、妻の妊娠発覚からこれから迎えるであろう出産と子育てについての夫目線の考えや体験談を書きたいと思う。
2022.07.17
タイトルとURLをコピーしました